2011年03月13日

地震で分かったスマートフォンの限界と今後

人気ブログランキングへ

マスタカも地震の影響を受けた。
マスタカはGALAPAGOS 003shを使っているのだが
地震で色々と考えるべきこと等が分かったのでつらつら書いていく。


・電波がない
スマートフォンのアプリはかなりネット使用が前提になっている。
だから、地震直後にネットが使えなくなった状態では
GALAPAGOS 003shは使い物にならなくなった。
メール,evernote,twitterこの辺が使えない。
さらに近くにいる人と、はぐれたためどこにいるかも安否も分からなかった。


・ホームページが見れない
地震の影響で自宅にすぐに帰れないことが分かった。
しばらくしてネットが繋がったので電車の情報等を調べ始めた。
スマートフォンなのでPCのページが見れるから便利と思いきや
電車系のホームページはアクセスが集中か地震の影響で
落ちていたので内容が確認できない。


・電池がない
マスタカはGALAPAGOS 003shの充電を毎日してない。
ネットで情報を集め始めたこともあり、すぐに電池に限界がきた。
マスタカは以下のeneloopを持っていたので助かったが
大半の人は問題があっただろう。


・ツイッターで情報収集
地震の情報はツイッター上でかなり集まることが分かった。
消費者主導の災害時の情報インフラとしては
誰でも情報を集めて発信できるのでツイッターに優位性があるのだろう。
だが、デマ情報等の課題も浮き彫りになった。


ここまで来て分かったことはせっかくのスマフォなのだから
以下のような機能のアプリが欲しい。
・3Gのネットワークを使わないで、すぐそばの人の状態を知る方法
・災害時のデマ以外の情報を集めて取得する方法

ちょっと考えてAndroidアプリ開発してみようかな。

p.s.タイトルにスマフォの限界と書いておきながら、ネットの問題点が混ざってしまっていました(・ェ・`)



posted by マスタカ at 11:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | PC・携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電池以外の問題点スマートフォン関係ないですねコレ・・・
むやみに被災者の不安煽るのはやめときましょうよ
Posted by 大根 at 2011年03月14日 11:34
自分は割とスマートフォンならなんでもできると思っている側なんですが、
スマフォでもできることが限られてるいることを
改めて実感したので記事を書きました。

ネットとスマフォの問題点が混ざってしまっているのはご指摘の通りです。
ご指摘ありがとうございました。
Posted by マスタカ at 2011年03月14日 18:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。