2013年10月16日

[書評]プログラミングの宝箱 アルゴリズムとデータ構造 第2版

blogramランキング参加中!

プログラミングの宝箱 アルゴリズムとデータ構造 第2版

新品価格
¥2,940から
(2013/10/16 22:11時点)



プログラミングの宝箱 アルゴリズムとデータ構造
を読んだ。

マスタカと言えばプログラマー
そう人呼んで

イケメンプログラマースタカ!

最近は使う言語が多くなり
さらに新しい言語を覚えるべきか?
それともと思い設計やアルゴリズムについて学ぼうかと思い
読んでみたわけです。

以下、感想

この本は普通のアルゴリズムの教科書。
本当に教科書という名前がふさわしい。
学生が読んだら中々良さそうな感じに書かれてます。


・対象者
プログラミングを結構触った人。
学んだ次の段階というよりはもっと深く知りたい人向け。
大学2年でやったら中々面白そうな内容


・内容
アルゴリズムと言えばクイックソートから。
ソートから二分木、マップについてまで書かれている。


・言語
C言語で解説しているのでCが分かると良いですね。
Javaでどうやって書くかについても一応書かれています。


・感想
基本的には復習に当たるのかな。
だけど二分木やマップについては実際のアルゴリズム見たことがなかったので
かなり為になりました。
ただ個人的にはもうちょっと高度なアルゴリズムを学んでみたい。
そんな欲望にもかられるわけでして、
やっぱり学生の教科書的なポジションですねぇと思いました。

まとまりは良いと思うので
マスタカのようにアルゴリズムの復習したい方や学生の方にはオススメしたい1冊です。


posted by マスタカ at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。