2015年05月10日

rbenvでCocoaPodsを使う

blogramランキング参加中!

Effective Ruby

新品価格
¥3,456から
(2015/5/10 16:35時点)



rbenvをmac portsで入れてみた
という記事を書いた。

CocoaPodsを利用できるようになるまで
という記事を書いた

そんなわけで合わせると
rbenvでCocoaPodsを使う!
を実践する必要がでたわけです。

以下、内容

・インストール
CocoaPodsをrbenvに入れる
rbenv exec gem install cocoapods
当然再読み込み
rbenv rehash


・cocopodsはどこにあるか
which pod
~/.rbenv/shims/pod
そんなわけでshimsの中にある


後は普通にruby入ってる状態と同じでおk
pod install
やら
pod update
みたいな感じで普通に使えます。
いやーめでたしめでたし
タグ:Objective-C ruby IOS
posted by マスタカ at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418731048
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック