2015年05月16日

ストックフォトを提供している各サービスを比較してみた

blogramランキング参加中!

写真で稼ごうハンドブック ストックフォトのはじめ方 (PIXTAオフィシャル・ブック)

新品価格
¥1,598から
(2015/5/16 11:20時点)



ストックフォト・・・・!!
このサービスを知っているだろうか?

ストックフォトのサービスに
写真をアップロードする。
そして写真が売れると一部が投稿者に入る
そんな仕組みや

そんなストックフォトを提供している
サービスを比較してみた
以下、内容

・基本方針
複数サービスを併用


・photolibrary
併用は50%
源泉なし
3000円超えれば銀行振り込み


・Pixta
併用は20-42%
売れた枚数でパーセント変わる
150枚売ると最初のランクが上がる
https://pixta.jp/channel/?p=3340
定額制サイトの5回で通常の1回分になる
https://pixta.jp/channel/?p=14022

10クレジット 108×10で換金
送信時に手数料2クレジット取られる
https://pixta.jp/channel/?p=3336#percentage
さらに源泉徴収 10%
https://pixta.jp/channel/?p=3338


・istock
併用15%〜20%
http://nihongo.istockphoto.com/help/sell-stock/rate-schedule


・fotollia
20-46%
https://jp.fotolia.com/Info/Contributors/Royalties
50クレジットで送信できる
paypalに送信。
paypalで受け取るためにはプレミアムにアップグレードする必要あり
https://www.paypal.jp/jp/contents/support/faq/faq-049/
paypalの銀行送金は5万まで250円の手数料がかかる


・感想
iosアプリは手数料3割なので
それに比べれば圧倒的に手数料取られるのにびっくり。
これは辛いなぁ・・・・。
一番効率の良いphotolibraryと
外国までカバーしてるfotollia
の二つにとりあえず登録してみようと思います
さてさてどれだけ稼げるかな・・・・。


posted by マスタカ at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | マネー・ファイナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。