2015年12月22日

[書評]実践Vim 6章を読んだ

blogramランキング参加中!

実践Vim 思考のスピードで編集しよう!

新品価格
¥3,024から
(2015/12/22 21:08時点)



[書評]実践Vim 5章を読んだ
の続編

この名著は手を動かしながらやるのがベスト
複数ファイルへの対応が本章の目的

この章も中々ためになりました
以下、vim

・複数ファイル開く
vi *.vim
まぁ当然やけど


・今どのファイルを開いているか
:ls
%aが今開いてるやつ


・次のファイルを開く
:bnext


・以前開いたファイルと切り替え
C-^
で:lsしたときにでる#のものに切り替えできる


・引数リスト
:args
で:lsのリストが横一直線に並ぶイメージ


・引数リストで開く
vim開いて
args *.md
で全部いっぺんに開ける


・引数リストで移動
:next
:prev


・vimで分割
ここから分割の話
C-w s
で横分割
C-w v
で縦分割


・分割で移動
C-w hjkl
で該当の方向に移動
C-w w
で順番に移動


・分割時にファイル開く
:edit
でファイル開ける
:shだとvim抜けちゃうのでだめ
:!ls等でファイル探すしかない。
screen分割どっちが楽かな


・閉じる
C-w c
で閉じる
C-w o
で自分以外全部閉じる


6章も大変ためになりました。
今マスタカはscreen + vimで
screenはタブとして使ってるので
vimで分割できれば
タブ + 分割になるかなと思ったり
続く
タグ:vim
posted by マスタカ at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431542975
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック