2016年01月19日

swiftのNSURLSessionでcompletionHandlerにコールバック関数を渡す

blogramランキング参加中!

詳解 Swift 改訂版

新品価格
¥3,456から
(2016/1/19 22:48時点)



NSURLConnectionがdeprecatedになったので
NSURLSessionを使おうと思う

ついにでObjective-cじゃなくてswiftにしようと思った
関数のコールバックのやり方がよくわからなかったので
今回はそのやり方

以下のように書いてNSURLSessionを動かす
let stringURL = "http://〜"
let url = NSURL(string: stringURL)
let config = NSURLSessionConfiguration.defaultSessionConfiguration()
let session = NSURLSession(configuration: config)
let req = NSURLRequest(URL: url!)

let task = session.dataTaskWithRequest(req, completionHandler:completeRequest)
task.resume()


completeRequestは以下のように定義する
これが上のcompletionHandlerからコールバックされる
func completeRequest (data: NSData?, response: NSURLResponse?,
error: NSError?) {
}


これでリクエスト後にcompleteRequest関数にコールバックされます
swift対応はまだまだ続く
タグ:Swift
posted by マスタカ at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432765150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック