2016年02月07日

[書評]HARD THINGS

blogramランキング参加中!

HARD THINGS

新品価格
¥1,944から
(2016/2/7 12:35時点)



最近ちまたで有名な
HARD THINGSを読んだ。

本書の内容は
ベンチャーで働いてた筆者の経験から
ベンチャー経営がいかに困難か
そして、どうやって経営すればよいかとの
知見を書いた本

以下、内容

面白かったことをつらつら書く


・つらいとき役に立つかもしれない知識
ひとりで苦しんではいけない
単純なゲームではない
長く戦っていれば運をつかめるかもしれない
被害者意識を持つな
良い手がないときは最善の手を打つ


・問題は
ありのままに伝えることが重要
理由としては
信頼
困難なことに取り組む頭脳は多い方が良い
悪いニュースは速く、良いニュースは遅く伝わる


・親友を降格させるとき
屈辱や裏切りの感情を持たれるので
正直に伝えるしかない。
現実を受け止めて
貢献を認めて
言葉を選んで伝える


・鉛の弾丸を大量に使う
優れた製品があったら拳を上げて
戦いにいくしかないんやで


・経営的負債
技術的負債みたいなもの。
同じ役職に二人をつけること
引き抜かれそうな社員の報酬をあげる


・心を鎮めるテクニック
友達をつくる
問題点を書き出す
壁側ではなくコースに意識を集中する


企業経営は大変なことが多いんだなって感じ
本書の冒頭にも書いてありましたが
企業の管理職等の方にもぜひ読んでほしい1冊です。
人をクビにするとか考えると大変でしょ?
そんなときどうすればいいかっていう手がかりが
ちょっとだけ載ってますよ
posted by マスタカ at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433519511
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック