2016年04月05日

[書評]SQLアンチパターン3章を読んだ

blogramランキング参加中!

SQLアンチパターン

中古価格
¥3,143から
(2016/4/5 22:49時点)



[書評]SQLアンチパターン2章を読んだ
の続編

3章はとりあえずID
以下、SQL

・単純に主キーにidを使うと
別のhogehoge_idが主キーで使えるのに使わない
別のカラムとカラムで合わせて一意にすることが漏れる
キーの意味がわかりにくくなる
というデメリットがあるので注意


・フレームワーク
設定より規約なので使ったほうが容易だったりする
ちなみに上書きすることもできるので
状況によっては上書きして名前変えてみよう


・できるなら
idよりも
product_idのように
わかりやすい名前をつけよう

複合キーを使うことも検討しよう



本章もなかなか面白かったです。
フレームワークの場合無条件にid使ってたので
次からはちょっと気にかけてみようと思いました
続く
タグ:SQL
posted by マスタカ at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436254663
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック