2016年04月29日

FuelPHPでSession::flashの使い方

blogramランキング参加中!

改訂 FuelPHP入門

新品価格
¥3,002から
(2016/4/29 09:32時点)



FuelPHPでscaffoldすると
templateができる。

このデフォルトのtempmlateで
Session::flashが定義されていたので
こいつの使い方

・コントローラー側
Session::set_flash('success',1);


・flashがあるかどうか
if (Session::get_flash('success')):


・中身参照
var_dump(Session::get_flash('success')


これだけ
まだまだ続く
タグ:FuelPHP
posted by マスタカ at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437331375
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック