2016年12月30日

androidでokhttp3系を使ってみた

黒帯エンジニアが教えるプロの技術 Android開発の教科書 (ヤフー黒帯シリーズ)

新品価格
¥3,456から
(2016/12/30 12:00時点)



androidでokhttpを使ってみた
の続編

気づいたらokhttpが3系になっていたので
アプデして使ってみた

以下、ok!

・github
https://github.com/square/okhttp


・gradle
3系の取得の仕方違うから気をつけてね
compile 'com.squareup.okhttp3:okhttp:3.5.0'


・okhttpでgetリクエスト
OkHttpClient client = new OkHttpClient.Builder().build();
Request request = new Request.Builder().url(url).build()
Response httpResponse = client.newCall(request).execute();
String str = httpResponse.body().string();


・okhttpでpostリクエスト
OkHttpClient client = new OkHttpClient.Builder().build();
RequestBody formBody = new FormBody.Builder()
.add(key, value)
.addEncoded(key, value)
.build();
Request request = new Request.Builder()
.url(url)
.post(formBody)
.build();
Response response = client.newCall(request).execute();


・okhttpでpostその他の方法
recepiに書いてあるので参考にしよう
https://github.com/square/okhttp/wiki/Recipes


・リクエストが成功したか
Response httpResponse = client.newCall(request).execute();
httpResponse.isSuccessful()


・タイムアウトの設定
buildしてobject作る方針になったので以下に修正
final int TIMEOUT = 10;
OkHttpClient client = new OkHttpClient.Builder()
.connectTimeout(TIMEOUT, TimeUnit.SECONDS)
.writeTimeout(TIMEOUT, TimeUnit.SECONDS)
.readTimeout(TIMEOUT, TimeUnit.SECONDS)
.build();


・ヘッダーの追加
Request request = new Request.Builder().url(url)
.header(KEY, VALUE)
.build();



これでokhttp3系が動きましたとさ
便利なOSSはどんどん使っていきたいですね
タグ:android
posted by マスタカ at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445377980
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック