2017年02月11日

[書評]沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿

沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿 (SB新書)

新品価格
¥886から
(2017/2/11 10:07時点)



沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿
を読んだ

マスタカと言えば今年引っ越しする
そのため、どの辺に住むかが悩みどころだったりする

そんなわけで本書を読んでみた
以下、内容

・勝ち組路線
1.京急本線
2.東海道線
3.東急東横線


・負け組路線
1.西武池袋線
2.常磐線
3.相鉄本線


・総武線vs京葉線
総武線は昔からある
京葉線は新しい路線
この2路線は平行してる。
京葉線は最近ショッピングモール等も作られてるこれからの街
総武線は成熟の街
これから住む時はよく考えよう


・埼京線
混雑が緩和されたと言っても200%超えてるが。
昔は赤羽〜池袋間のみの赤羽線だった


・常磐線
電車で酒飲む人が多い
柏が人気


・京葉線
風が吹くと遅延する


・東急東横線
武蔵小杉が主要駅に


・西武新宿線
馬場で降りる人がメインで
座りたい人は西武新宿駅を使う


・東武東上線
実は朝結構空いてる。


・西武池袋線
戦前都民の糞尿を埼玉に運んでた
だから田舎臭いイメージがある


・東西線
死ぬほど混む



とても面白い本でした
マスタカは引っ越しのためですが
鉄道好きにも面白い本です。
あるあるがたくさんあるので笑いが止まりません
ぜひどうぞ
posted by マスタカ at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック