2017年02月19日

[書評]大震災の後で人生について語るということ

大震災の後で人生について語るということ

新品価格
¥700から
(2017/2/19 19:26時点)



大震災の後で人生について語るということ
を読んだ

マスタカと言えば将来の富豪
そんなわけで、今後の投資戦略について考える上で
本書を読んで見たわけだ

以下、内容

・本書の内容
仕事と金融で社会が今後どうなっていくか
そしてどうやったら幸福になれるかを書いた本。


役にたった内容を書いてく


・賃貸で有利なのは大型物件
ワンルームの利回りが5%
ファミリー向けの利回りは3.5%
なので、賃貸する側からしたらファミリー向けの方が良い
ファミリー向けは借りる人より買う人が多い


・高齢化社会
高齢者が賃貸物件を借りないと
そもそも空室が埋まらないので
今後は高齢者の賃貸は普通になるだろうとの見立て


・富を獲得する方法
人的資本を労働市場に投資して、労賃を得る
金融資本を金融市場に投資して、利子・配当・譲渡益を得る


・国家破綻
国家が破綻すると以下が起こる
高金利
円安
インフレ


・人的資本
スペシャリストになる方が良い
バックオフィスは誰でもできるようになってく


・金融資本
以下の投資がオススメされてた
FXで外貨預金
世界市場への投資



本書はかなりためになりました。
さて大震災から6年経った
次のブラックスワンはいつくるかわからないけど
しっかり対策していきたいと思います。
posted by マスタカ at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447155482
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック