2017年06月10日

rails4.2へのアップデート方法

Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング

新品価格
¥3,888から
(2017/6/10 16:50時点)



今更感が強いのですが、rails4.2へアップデートしました
そのやり方についての備忘録

・ruby
rails4系はruby2.4だと動かないので
ruby2.3の最新を入れよう


・rail4.2のリリースノート
https://railsguides.jp/4_2_release_notes.html


・rails4.2で変わったこと
ブラウザからのアクセスが不能になってるので
rails s -b 0.0.0.0
でip指定
http://qiita.com/tmf16/items/bb789a45c0f456eac11f


・rails4.2アプデ時にやること1
respond_toが消えるのでGemに追加
gem 'responders', '~> 2.0'


・rails4.2アプデ時にやること2
config.serve_static_files = ENV['RAILS_SERVE_STATIC_FILES'].present?
を一旦trueにして逃げる
これ非推奨らしい、こまったなぁ
http://qiita.com/a_ishidaaa/items/74de8bdaecd637063c40
と思ったら5.0でも設定違うだけでなんとかなる模様
http://edywrite.blogspot.jp/2016/01/rails5-rails424rails500beta1-1.html


・rubyとrailsのアプデ
一回やったのでやり方は以下のとおり
Linuxでrbenvを使う方法のまとめ
rbenvでrubyのバージョンアップ
rubyとrailsをバージョンアップしてみた


こうして、rails4.2になりましたとさ
rails5が破壊的すぎると噂を聞いてるので
しばらく様子見してからあわよくばrails6にアップデートするとかで
極力手をかけないで逃げたいところです
続く


タグ:ruby Rails
posted by マスタカ at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。