2017年07月22日

[書評]外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

新品価格
¥1,512から
(2017/7/22 19:15時点)



外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント
を読んだ

マスタカといえば社会を引っ張る男
社会の縮小版がプロジェクトなので
そんなわけで本書を読んでみたわけだ
以下、内容

・本書の内容
プロジェクトマネジメントについて書かれた本
ただし、管理だけでなく社内政治についても書かれているのが特徴

ためになったことを書いてく


・プロジェクト成功のコツ
勝てないプロジェクトを避けること
そんな身も蓋もないことをwww


・勝てないプロジェクトの判別
目的がないプロジェクトは
勝てないプロジェクトになる可能性が高い


・失敗を回避するコツ(人員編
人員が足りないと思った場合
プロジェクト開始前に上の人に伝える方が得
うるせーなって言われる懸念はあるが
成功すれば水にながせて
失敗はリーダーの責任


・人員管理
70%ぐらいで遊びがある方が良い
100%だと何かあったときに死ぬ
炎上するときに鎮火が必要なわけだ


・メンバーのアサイン
優秀な人は簡単な仕事
それほどでない人に難しい仕事
をアサインするのが最適
逆だと両方失敗する可能性があるということと
難しい仕事はリーダーが手を突っ込めばよい


・関係者の裏マップを作る
関係者の裏マップを可視化すると
社内政治がわかるので役に立つ


・利害関係者の調整
プロジェクトのオーナーが複数いる場合
勝者が一つになるまで待つか
別の解になるまで待つ。
なあなあの結論になるとプロジェクトが破綻して
リーダーの責任になる



本書はとてもためになりました
プロジェクトはやる前にやばいのから逃げよう
逃げれなかったら文句を言おう
なぁなぁでやってはダメだ
っていうプロジェクト管理というよりは
上の人への対策っていう意味でとてもためになりました
プロジェクトに関わる人はにオススメできる1冊です
posted by マスタカ at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック