2017年08月12日

swift3でGoogle Analysticsを導入する

詳解Swift 第3版

新品価格
¥3,456から
(2017/8/12 09:11時点)



マスタカはPVの確認として
google analysticsを使っている
今回はこれをswift3で導入してみた

・ブリッジヘッダーに以下を記載
#import "GAI.h"
#import "GAIFields.h"
#import "GAILogger.h"
#import "GAIDictionaryBuilder.h"


・view screen
let log = "hogehoge"
let tracker = GAI.sharedInstance().defaultTracker
tracker?.set(kGAIScreenName, value: log)
tracker?.send(GAIDictionaryBuilder.createScreenView().build() as [NSObject: AnyObject])
tracker?.set(kGAIScreenName, value: nil)


これでうまくできましたとさ
既存がほとんどObjective-cで
新規部分はswiftで実装していくスタイル。
なのでオールswift化はまだまだ時間かかりそうです(・ェ・`)
続く

参考
http://qiita.com/miyasakura_/items/c55bd835d32f949df139
タグ:Swift
posted by マスタカ at 09:12 | Comment(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。