2017年08月28日

swift3.0でjsonをパースしてみた

TECHNICAL MASTER はじめてのiOSアプリ開発 第2版 Xcode 8 Swift 3対応

新品価格
¥3,240から
(2017/8/28 20:47時点)



swiftで試しにパーサー書いてみたマスタカです
デフォルトがJSONSerializationなので
一旦はOSS使わずにでフォルトでパースしてみた

・サンプル
do {
let json = try JSONSerialization.jsonObject(with: data!, options: JSONSerialization.ReadingOptions.allowFragments)
let top = json as? NSDictionary
let second = top?["data"] as? NSDictionary
let third = second?["data"] as? NSArray
print(third!)
} catch {
print(error)
}


・do try catch
swiftはdo try catchでワンセット


・jsonObject
返り値はdata型のjson
https://developer.apple.com/documentation/foundation/jsonserialization/1415493-jsonobject


・allowFragments
https://developer.apple.com/documentation/foundation/jsonserialization.readingoptions/1416042-allowfragments


・as
asでキャスト
!や?つけたバージョンもある
http://dev.classmethod.jp/smartphone/iphone/swift3_code_tutorial1/


・error
エラーの時はerrorの中に値が入ってる
初期化してねーなーとか思うけど動く


・print
普通にprintすると以下のwarningが出る
expression implicitly coerced from Nsarray? to any
Anyを値としてとるとかで、force unwrapした
https://stackoverflow.com/questions/40691184/expression-implicitly-coerced-from-string-to-any


タグ:Swift
posted by マスタカ at 20:49 | Comment(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。