2017年09月12日

RxJavaでfilterとmapをかける

RxJavaリアクティブプログラミング (CodeZine BOOKS)

新品価格
¥3,888から
(2017/9/12 20:56時点)



AndroidのRxJavaでHello World
の続編

RxJavaで作るところと受け取るところ作ったら
当然中間処理も必要になるだろう
以下、やり方

・filterとmapのかけ方
関数をつなぐだけ
偶数だけでfilterして
mapで値を100倍に
Flowable test2 = Flowable.just(1, 2, 3 ,4 ,5, 6, 7, 8, 9, 10)
.filter(aaa -> aaa %2 ==0)
.map((bbb) -> {return bbb*100;});
test2.subscribe(ccc -> Log.d(""+ccc, ""+ccc));


・結果
200
400
600
800
1000


・ラムダを解明
ここらで、ラムダを解明していく
aaa -> aaa %2 ==0
って省略するのが普通だけど
省略しないとどうなるかなって調べたら
こういう書き方もできる
(bbb) -> {return bbb*100;}
関数(引数) -> {返却}
って感じやね



こうしてfilterとmapがかけられましたとさ
Rxへの入門はまだまだ続くよ
タグ:java OSS android
posted by マスタカ at 20:59 | Comment(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。