2017年09月17日

RxJavaでinterval・take・scanを使う

RxJavaリアクティブプログラミング (CodeZine BOOKS)

新品価格
¥3,888から
(2017/9/17 11:02時点)



RxJavaでfilterとmapをかける
の続編

今回はinterval、take、scan

・コード
Flowable test3 = Flowable.interval(300L, TimeUnit.MILLISECONDS)
.take(7)
.scan((sum, data) -> sum + data);


・interval
非同期で投げる


・take
回数制限


・scan
mapと違って製作者側でデータの計算結果を持ったままにできる
グローバル変数でやると死ぬのでこの方法


・どこでincrementしてるんだろう
これ書いたらインクリメントしてるので
intervalがインクリメントする仕様の模様
documentにも書いてあったわ
Flowable test3 = Flowable.interval(300L, TimeUnit.MILLISECONDS);



そんなわけで勉強終わり
まだまだ続くよ
タグ:OSS android java
posted by マスタカ at 11:04 | Comment(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。