2017年12月05日

RxJavaでflatmapを使ってみた

RxJavaリアクティブプログラミング (CodeZine BOOKS)

新品価格
¥3,888から
(2017/12/5 20:49時点)



RxJavaでFlowable.createを使う
の続編

次はflatmapを使ってみた

・コード全部記載

Flowable.just("A", "B", "C")
.flatMap(new Function>() {
@Override
public Publisher apply(@NonNull String s) throws Exception {
return Flowable.just(s).delay(1000L, TimeUnit.MILLISECONDS);
}
})
.subscribe(new Consumer() {
@Override
public void accept(String o) throws Exception {
System.out.println("flatmap :"+o);
}
});

・コード with ラムダ

Flowable.just("A", "B", "C")
.flatMap(data -> Flowable.just(data).delay(1000L, TimeUnit.MILLISECONDS))
.subscribe(data -> System.out.println("flatmap :"+data));


久々にコード書いたので全然うまく書けなかった
もう少しだけ続くよ


タグ:java android OSS
posted by マスタカ at 20:50 | Comment(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。