2017年12月16日

AndroidでRetrofitを使ってみた(RxJavaなしバージョン)

Androidを支える技術〈I〉──60fpsを達成するモダンなGUIシステム (WEB DB PRESS plus)

新品価格
¥3,888から
(2017/12/16 22:20時点)



今更だけどRetrofitを使ってみた
最初なのでRxJavaは除いた

・gradle
implementation 'com.squareup.retrofit2:retrofit:2.3.0'
implementation 'com.squareup.retrofit2:converter-gson:2.3.0'


・Api Request

Retrofit retrofit = new Retrofit.Builder()
.baseUrl(HOST)
.addConverterFactory(GsonConverterFactory.create())
.build();
ApiService service = retrofit.create(ApiService.class);
Call<Model> responseCall = service.getXXX();
responseCall.enqueue(new Callback<Model>() {
@Override
public void onResponse(Call<Model> call, Response<Model> response) {
}
@Override
public void onFailure(Call<Model> call, Throwable t) {
}
});

public interface ApiService {
@GET("/path")
Call<Model> getXXX();
}



・Model
APIに合わせてモデル作って下さい

public class Model {
public Data data;

public class Data {
public int id
}
}



これで動くところまで来ました
わざわざパーサー書く必要がなくなったので
非常に実装が綺麗になりました
次はRxJava突っ込むよ
タグ:android OSS java
posted by マスタカ at 22:21 | Comment(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。