2017年12月17日

AndroidでRetrofit+RxJavaを使ってみた

RxJavaリアクティブプログラミング (CodeZine BOOKS)

新品価格
¥3,888から
(2017/12/17 23:05時点)



AndroidでRetrofitを使ってみた(RxJavaなしバージョン)
の続編

次はRxJavaを組み込んでみた
基本的に差分のみの記載

・gradle
implementation "io.reactivex.rxjava2:rxjava:2.1.3"
implementation "io.reactivex.rxjava2:rxandroid:2.0.1"
implementation 'com.squareup.retrofit2:adapter-rxjava2:2.3.0'


・Request

//リクエストの最後をreturnにする
Retrofit retrofit = new Retrofit.Builder()
.baseUrl(HOST)
.addConverterFactory(GsonConverterFactory.create())
.addCallAdapterFactory(RxJava2CallAdapterFactory.create())
.build();
Single<Model> responseCall = service.getXXX();
return service.getXXX()

public interface ApiService {
@GET("/path")
Single<Model> getXXX();
}



・Obserble

RequestApi.AAA()
.subscribeOn(Schedulers.io())
.observeOn(AndroidSchedulers.mainThread())
.subscribe(new DisposableSingleObserver<Model>() {
@Override
public void onSuccess(Model model) {
//成功だったら
}

@Override
public void onError(Throwable e) {
//エラーだったら
}
});




これでうまくいきましたとさ
Androidの流行りなのでぜひどうぞ
タグ:java OSS android
posted by マスタカ at 23:06 | Comment(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。