2018年02月26日

Kotlinでジェネリクスを使ってみた

Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング

新品価格
¥3,780から
(2018/2/26 21:26時点)



Kotlinの勉強してるマスタカです

今回はジェネリクスについて

Masterka1は普通のジェネリクス
Masterka2はNumber型のジェネリクス
Masterka3は複数のインターフェースで制限した

out TはTのサブクラス。指定しないとワーニングを吐く

class Masterka<out T>(private val value:T) {
fun say() {
println(value)
}
}

class Masterka2<out T:Number>(private val value:T) {
fun say() {
println(value)
}
}

interface A
interface B

class Masterka3 where T : A, T : B


fun main(args:Array<String>) {
val intMasterka:Masterka<Int> = Masterka(1)
intMasterka.say()

val doubleMasterka:Masterka<Double> = Masterka(1.2)
doubleMasterka.say()

val intMasterka2:Masterka2<Int> = Masterka2(1)
intMasterka2.say()
}


これでうまくジェネリクスが使えましたとさ
まだまだ続くよ
タグ:Kotlin
posted by マスタカ at 21:26 | Comment(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。