2018年02月27日

Kotlinでletを使ってみた

Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング

新品価格
¥3,780から
(2018/2/27 20:44時点)



Kotlinの勉強してるマスタカです
今回はletを使ってみた

・サンプル
試しにサンプル

fun plus(i: Int) : Int = i+1

fun main(args:Array<String>) {
var a : Int? = 5
val b = a?.let{plus(it)}
println(b)
}


これ何で使うかって話で
試しにマスタカのコードみたら以下で使えそうだった

・before
supportActionBar?.setDisplayShowHomeEnabled(true)
supportActionBar?.setDisplayShowTitleEnabled(true)
supportActionBar?.setDisplayHomeAsUpEnabled(true)

・after
supportActionBar?.let {
it.setDisplayShowHomeEnabled(true)
it.setDisplayShowTitleEnabled(true)
it.setDisplayHomeAsUpEnabled(true)
}


割と使いどころは多そうです


タグ:Kotlin
posted by マスタカ at 20:45 | Comment(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。