2018年03月10日

Alamofire4系でGetリクエストしてみた

[改訂新版]Swiftポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

新品価格
¥3,110から
(2018/3/10 10:03時点)



Alamofireが便利だと聞き
3周遅れぐらいで使ってみた話

・cocoapods
以下を追加
use_frameworks!
pod 'Alamofire', '~> 4.7'

https://github.com/Alamofire/Alamofire


・pod installしたら
以下のエラーが出るので
Build Settingsの
OTHER_SWIFT_FLAGSと
ALWAYS_EMBED_SWIFT_STANDARD_LIBRARIESに
$(inherited)を追加

[!] The `ほげほげ` target overrides the `OTHER_SWIFT_FLAGS` build setting defined in `Pods/Target Support Files/ほげほげ.xcconfig'. This can lead to problems with the CocoaPods installation

[!] The `ほげほげ` target overrides the `ALWAYS_EMBED_SWIFT_STANDARD_LIBRARIES` build setting defined in `Pods/Target Support Files/ほげほげ.xcconfig'. This can lead to problems with the CocoaPods installation


・Getリクエスト
import Alamofire
Alamofire.request(url, method: .get).responseJSON(completionHandler:{ response in
complete(response.data, response.response, response.error)
})

urlはString型。
completeHandlerの関数は以下の型
https://github.com/Alamofire/Alamofire/blob/0456f5b501f46591a77b4bb6f2e2e2a97d095042/Documentation/Usage.md



NSURLSessionのリクエストだとこれだけ書く必要がるのに
かなり簡単にかけるようになりました
swiftのNSURLSessionでcompletionHandlerにコールバック関数を渡す
Alamofireはかなり便利そうです。


タグ:Swift
posted by マスタカ at 10:05 | Comment(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。