2018年03月11日

Alamofire4系でPostリクエストしてみた

Swift 4プログラミング入門 iOS 11 Xcode 9対応

新品価格
¥3,564から
(2018/3/11 10:20時点)



Alamofire4系でGetリクエストしてみた
の続編

次はPost

・Postリクエスト
let paramter = [
"a" : "a",
"b" : "b"
]
let headers: HTTPHeaders = [
"c" : "c"
]

Alamofire.request(url, method: .post, parameters: parameter, encoding: URLEncoding.httpBody, headers: headers)
.responseJSON { response in
complete(response.data, response.response, response.error)
}


・エンコード
URLEncodingにも複数のエンコードパターンがある
queryString
httpBody
今回はpost bodyに渡すのでhttpBodyを使った


これで上手くいきましたとさ
なんで今まで使わなかったのかなぁというぐらい簡単にかけました


タグ:Swift
posted by マスタカ at 10:21 | Comment(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。