2018年03月18日

[書評]ピープルウエア

ピープルウエア 第3版

新品価格
¥2,376から
(2018/3/18 08:07時点)



ピープルウエアを読んだ

マスタカといえば管理者
そう、君のことを管理しちゃうZO!
そんなわけで本書を読んで見たわけだ
以下、役に立ったこと

・チーズバーガーマネジメント
チーズバーガーを作る店長は以下のマネジメントする

エラーをなくして、人間という機械を極力スムーズに動かす
ヘマしたやつは厳罰
人はいくらでも補充がきく
決めたやり方をやれ
マニュアルに従え
新しいことを試みてはいけない

ただし、ソフトウェアだとこの逆をやる必要がる


・触媒
この人がいるとチームがうまく回るという人がいる
この人は既存の評価だと評価されない


・パーキンソンの法則
会社では、
会社のルーチンワークは、就業時間に見合うところまで膨張する
というルールになる


・マネージャーの陥りやすい7つの誤り
1.生産性を飛躍的に向上させる方法があるのに見落としていた
2.他のマネージャーは2倍,3倍も成果をあげている
これは開発の本当に一部に焦点を当てただけ
3.技術は日進月歩で、油断するとすぐ置いていかれる
コンピューターはそうだが、ソフトウェア開発は従来のまま
4.プログラミング言語を変えれば生産性は大幅に上がる
5%程度しか変わらないよ
5.バックログが多いから、すぐに生産性を2倍にする必要がある
6.何もかも自動化してしまおう、そうすれば開発者不要になるのでは
7.部下に大きなプレッシャーをかければ、もっと働くようになる


・マネージャーの仕事
人を働かせることでなく、やる気にさせること


・生産性をあげるには
部屋を仕切って一人部屋にするのではなく
チームで2〜4人の部屋を作って見るのもありではないか


・チーム殺し
以下を実施するとチームが死ぬだろう
守りのマネジメント
 干渉するとか
官僚主義
 時間の1/3はドキュメント作れとか
作業場所の分散
時間の分断
 時間を細分化するとチームは結束しない
製品の品質削減
 能力以下の製品作りは自負や喜びを傷つける
はったりの納期
チーム解体の方針


・残業
人は期限通りに仕事をするために多くの残業をするのではなく
仕事が期限通りにできそうもないことがわかったときに
非難から身を守るために残業するのだ


・変化
失敗を許された時のみ成功する可能性がある



ソフトウェア開発で人間に焦点を当てた本になります
かなり昔に出た本ですので、生産性が上がらない理由は
昔から変わらないんだなぁって感じです
マネージャーになる人は一度目を通して見ると良いと思います
posted by マスタカ at 08:47 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。